No.031 コスト削減による利益確保

 企業が営利追求を目的として成立している以上、コスト削減は重要な経営課題です。ただ、コスト削減を短期的にはともかく、継続的に経営手法の主軸におくと、長期的な成長を得ることは難しいと考えます。

 キャノンやトヨタが膨大な利益を稼いでいるのは、コスト削減だけにではなく、そのコスト削減で得た資金を競争に必要な投資に注いでいるのが理由だと思います。すなわち、お金をキチンと使うべきところには使っているということです。それは、製造業などであって、わが社はサービス業だから、設備投資にお金をそんなに使う必要がないという会社さんもあるでしょう。

 しかし、今の時代、 情報セキュリテイー、従業員教育、ノウハウの構築などなど果てはM&Aにいたるまで、サービス業でもやっておくことは、それこそ山のようにあります。決算対策の一方で来期の予算作成の真っ只中のこの時期、社長の軸がどこにあるかで、企業の行く末が変わってきます。短期的だけでなく、長期的な将来を考える視点が必要です。